産後のお腹の皮・肉のたるみを引き締める方法は?いつから?体験談あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク

出産したあとのお腹のたるみ、気にならない人はいないと思います。

出産しても、綺麗な体型でいたいですよね。

たるんだお腹伸びた皮膚・肉どんな事をすれば戻るのか、どれくらいの期間で戻るのか、便利なグッズなどはあるのか、そんな疑問を解決していきましょう!

産後の「お腹の皮膚・肉のたるみ」の原因

妊娠中お腹のなかで赤ちゃんが成長するとともに、お腹の皮膚・肉も伸びていきます。

原理は風船と同じです。

膨らました風船がしぼむとびろびろに伸びてしまうように、産後のお腹も皮そのものが伸びてしまっているのです。

また、お腹のたるみは、出産後に骨盤が広がってしまっていることも原因なんです。

妊娠前にはいていたズボンが入らなくなった!という人が多いと思います。

筆者も産後1ヶ月ごろにジーンズをはこうとしたら太もものあたりからきつくて入らずショックをうけました。

骨盤が開いていては、やはりジーンズも入りません。

お腹のたるみは、骨盤の広がりも原因のひとつです。

まずは骨盤を正しい位置に戻すことを意識しましょう。

  

スポンサーリンク

たるんだお腹のケアはいつから?引き締め方法は?

たるんだお腹は放っておいてもある程度戻る人もいますが、ケアをしてあげるともっときれいに戻ってくれます。

ただ、出産してから6~8週間までの間は出産で疲れきった身体を癒す産褥期なので、会陰切開や帝王切開の傷もまだ痛むと思います。

なので出産後の最低でも1ヶ月間は運動など身体に負担のかかるようなことは避け、しっかりと休みましょう。

 

腹のたるみの引き締め

悪露や傷の痛みが落ち着いた産後1ヵ月以降、気持ち的にも少し余裕が出てきたらお腹のたるみの引き締めを始めましょう。

 

骨盤の矯正

骨盤のケア・矯正は、できれば産後2ヶ月から~産後6ヶ月までに始めるようにしましょう。

産後6ヶ月を過ぎると、歪みを矯正するのが大変になってきます。

骨盤は、個人差はありますが産後6ヶ月~12ヶ月かけて元に戻ろうとします。

妊娠中には骨盤が開き、産後にはゆっくりと閉じていきます。
その時に正常な位置に戻るとは限らず、妊娠前からの骨盤の歪みや妊娠中の不自然な体勢などの影響により
骨盤が歪んで固定される可能性があります。
歪んだ骨盤は血流の流れを悪くしその結果、脂肪の燃焼を妨げてしまいます。
そうなると太りやすい体質に変化してしまい、体調不良にも繋がります。

引用元:末永産婦人科麻酔科

 

腹のたるみの引き締め、骨盤矯正の方法やグッズ

では、どんなケアの方法があるのか紹介します。

 

▶骨盤矯正ベルトや円座クッション

骨盤が正しい位置に戻るのをサポートしてくれます。マタニティベルトなどの妊娠中に使うものと産後用のものがあるので、注意しましょう。
円座クッションは、椅子などに座るときに骨盤を優しく包み込み、正しい姿勢で座ることをサポートしてくれます。

 

 

▶接骨院や整体

プロに任せるのもひとつです。産後の骨盤ケアコースなどもあります。
少しの時間ですが、育児から離れてリフレッシュもできるのでおすすめです。

骨盤が落ち着いてきても、お腹の皮膚のたるみが残ってしまうこともあります。たるんだ皮膚は、お腹の筋肉をつけて引き締めましょう。

 

 

▶ピラティス、ヨガ

身も心もリラックスできるのでおすすめです。産後のお腹引き締めコースがあるところや、産院でやっているところもあります。

 

 

▶自宅でながら腹筋運動

そんな時間なんてないと思うかもしれませんが、赤ちゃんのお世話をしながらできるような体操もあります。筆者も、なかなか寝ない赤ちゃんをあやしながらバランスボールに座ったり、抱っこで遊びながら軽い腹筋運動をしたりと、自己流ですがしていました。
妊娠前に日課でしていた寝る前のストレッチでもとのお腹に戻ったという方もいます。

 

 

▶皮膚の引き締めクリーム・ジェル・オイル

産後のおなかのたるみ用のクリーム・ジェル・オイルなども数多く販売されています。
引き締め成分や保湿成分などが配合されています。
あわせて優しくマッサージすることも効果的だといわれています。

骨盤のために、普段の姿勢に気を付けよう

せっかく骨盤を正しい位置に戻す努力をしていても、日々の姿勢で台無しにしてしまうこともあります。

 

 

▶横座りやぺたんこ座り

骨盤を歪ませてしまう座り方なので、できるだけやめましょう。

 

 

▶あぐら

姿勢が悪くなりやすいので要注意です。ただし、背中をまっすぐにして上から紐で引っ張られているように、正しい姿勢をとれば大丈夫です。
床に座るときは、厚さ15㎝ほどの固めのクッションをおしりの下に敷くと正しい姿勢をとりやすいです。

 

 

▶ソファーや椅子にダラっと座る

このような座り方をすると、背中が丸くなり骨盤が後ろに傾いてしまいます。背骨も曲がりやすくなり、肩や首にも負担がかかります。椅子には深く腰かけるようにしましょう。腰の辺りにクッションを入れると楽に座れますよ。

 

先輩ママが使って良かった産後の体型戻しのグッズ

▶トコちゃんベルト

産前産後問わず、多くのママさんに人気のある骨盤ベルトです。
ベルトだけではなく、体操をサポートしてくれるグッズなどもあります。
https://tocochan.com/products/list

 

 

▶ワコール 産前&産後骨盤ベルト

(公社)日本助産師会とワコール人間科学研究所が共同で企画・開発したベルトです。機能性、つけ心地、着脱のしやすさを考えたもので、妊娠中から長く使えるのも魅力ですね。
http://www.wacoal.jp/maternity/recommend/mgy601/

 

 

▶犬印 産後骨盤ケアベルト

薄くてかさばりにくく、日常的に着用していても目立ちません。また内側が綿素材でできているのでショーツの下に直接着用することもでき、トイレの時もつけたままで大丈夫です。
http://www.inujirushi.co.jp/mombb/pelvis/kaatu.html

 

 

▶お医者さんの円座クッション(株式会社アルファックス)

産後だけでなく、長時間のデスクワークやドライブ、背もたれクッションにも使えるます。カバーは素材の異なるリバーシブル仕様で、夏と冬で使い分けられるのが嬉しいですね。
http://www.al-phax.co.jp/shouhin/5613.html

 

 

▶U型クッション(株式会社高田ベッド製作所)

医療・介護用ベッドで有名なメーカーが作るクッションで、産婦人科や肛門科などの待合室や診察室に置いているところも多いようです。
高田ベッド製作所

 

 

▶勝野式医学博士の低反発円座クッション

医学博士でヒロ整形クリニックの院長、そして日本体育協会公認スポーツドクターでもある勝野浩先生監修の円座クッションです。
https://www.meidai-net.com/smp/item/02003.html

 

 

いくつか種類をあげましたが、他にもたくさんのメーカーで様々な種類のグッズが売られています。
お店によっては試着・試供できるところもあるので、見に行ってみてもいいですね。

 

産後のお腹の皮のたるみを改善させた体験談

ここでは、先輩ママさんたちがお腹の皮のたるみを改善させた体験談をご紹介します。

 

1. ハンドルネーム:まりお
2. 年齢:36歳
3. 職業:専業主婦
4. 子供の年齢:2歳

 

 

妊娠中に15kも太ってしまったため、産後の皮のたるみはすごかったです。出産後も体重自体がなかなかおちづに困っていました。そこで、体に負担をかけないようにヨガをすることからはじめました。市の公民館で、託児付きのヨガがあったので、この機会に申し込んでみました。体重がなかなかおちずに、着る服も限られてしまったので、とても悩んでいました。そこでヨガを始めてからというものの、代謝がとてもよくなり、今まで汗をかくことがなかなかなかったのですが、汗をかくようになり、体調もよくなりました。それと同時に体重もへってきて、ヨガによって体も少しはひきしまってきたので、たるんだ皮も脂肪の引き締まりと同時に改善していきました。産後、しばらくはそこまでハードな動きをすると体に負担をかけてしまうため、ヨガとかからはじめると身体の調子もよくなりますし、いいと思います。それに産後のママのためのヨガというのはやっているところが結構あるので、調べてみるとすぐにみつかったりします。そういうところでみつけてみて申し込んでみるといいと思います。皆さん同じような悩みできていたりするので、とっても心強いと思います。私はとっても効果があったのでおすすめします。

 

1. ハンドルネーム:かず
2. 年齢:34歳
3. 職業:専業主婦
4. 子供の年齢:0歳

 

 

私は31歳の頃に子どもを出産し、予想以上に体重は落ちず体型も変わらないことを目の当たりにしました。
特にお腹の皮のたるみはショックでした。
服を着ていても妊娠前のようなラインにならず、産後もしばらくはマタニティの服を着て体のラインを隠していました。そして、1ヶ月の安静期間を終え、ダイエットに励もうかと思いましたが、初めての子育てはオムツ替えや夜泣きや授乳、そして家事と慌ただしい日々で自分の時間などとれる余裕がありませんでした。
赤ちゃんも小さいので、外出も赤ちゃんに合わす必要がありどうしようかと迷いました。そこで私が行ったことは、食事に気をつけることと少しずつ体を動かし焦らないとうことでした。
すぐにでもお腹を元に戻したい気持ちはありましたが、母乳育児で無理な食事制限はできませんが食事に気をつけることはできました。和食を中心にして油分を少なくし、食物繊維やカロリーを控えるようにしました。そして、薄味にすることでむくみを予防しました。
気をつけたことはよく噛むことでした。ゆっくりご飯を食べれない日々ですが急いで食べると満腹感を感じるまでに時間がかかり食べ過ぎてしまうので、赤ちゃんが泣いたら一旦食事を止めるようにしました。
そこでストレスを感じないようにも心がけました。次に子どもが寝ている時や少しの合間でDVDでヨガを行うようにしました。
ちょっとした自分の時間は気分転換と日頃のストレスの解消にもなるので心身共に良かったと思います。何よりも気をつけたことは焦らないという点です。
一番の役目は赤ちゃんのお世話だと思っていたので、自分の体型戻しは母乳育児の兼ね合いもあり1年かけて戻そうと穏やかな気持ちで取り組みました。

8ヶ月した頃には、お腹のたるみは気にはなっていましたが、体重は出産前に戻すことができました。
その結果が、お腹へのたるみへの意識が高まり、ベビーカーに赤ちゃんを乗せ散歩がてらに1日1時間ウォーキングをしました。
歩き方とお腹をへこめながら歩く姿勢を意識し、童謡をかけ赤ちゃんに歌ったり話しかけ、親子ともに良い時間を過ごせました。

そのおかげで、お腹のたるみは目標通り1年で元に戻りました。
さらに嬉しいことは、これらの意識から薄味の和食が我が家の定番になり、3歳になった我が子も大好きな味になりました。
よく噛む習慣や焦らない気持ちは普段の生活にも繋がったので、良い経験になったと思っています。

 

1. ハンドルネーム:もー
2. 年齢:22
3. 職業:専業主婦
4. 子供の年齢:6ヶ月

 

 

私は産後皮のたるみが気になっていました。産後の1月は体を休めるために何もしていなかったのですが、産婦人科から産後の定期健診で骨盤ケアをしてもいいと伺ったので骨盤矯正に通いました。ウエストなども明らかに違っていましたし、骨盤から音がしたりと骨盤が開いてしまっていることが分かっていたので通うことにしました。
私は骨盤矯正とあわせて、家でヨガをしていました。腹筋などでもよかったのですがまだ体が本調子ではなかったので自分のペースでゆっくりできるヨガを選択しました。
またお風呂から上がった後にはクリームをお腹に塗ってマッサージをしていました。妊娠中から妊娠線予防クリームも塗っていたので産後も肉割れはあまりなかったです。
産後矯正に通ってみたところ早く来てよかったねと言われました。産後半年もたてば元に戻らなくなってしまうことがあるそうで、もし悩んでいるのであれば早くから通った方がいいと思います。骨盤を治すことでダイエットもしやすくなるので。
私は半年ほどで前のようなお腹に戻りました。少しだけ戻らなかったのですが、自分で腹筋などをすれば元に戻る程度です。やはりしっかりと早くから対策をしていて良かったなと後々思いました。

 

1. ハンドルネーム:Rinko
2. 年齢:54歳
3. 職業:英会話講師
4. 子供の年齢:0歳

 

 

産後のお腹のたるみは、なかなか醜かったです。腹筋などの運動をすることも考えましたが、私はもともと運動が苦手ですし、赤ん坊の世話をしながら、面倒くさいことはしたくありませんでした。ですから、時間を取られずにすみ、楽で簡単な方法で改善させました。それは、コルセットでぎゅうぎゅうに締めることです。市販のコルセットをいろいろ探しましたが、ゆるめのものは、このたるみには太刀打ちできないだろうと思い、なかなかきつく締めることが出来るコルセットを選んで買いました。それを1日中つけていました。さすがに寝るときはつけませんでしたが、少々苦しくても、つけていればいいだけですので、私のような面倒くさがり屋さんにはピッタリの方法でした。産後直後のゆるゆるお腹の状態は、自然に回復した部分もあるでしょうが、けっこう短期間で、普通程度のぶよぶよお腹まで戻りました。あと、妊娠前のお腹ラインに戻すまでは、ひたすらコルセットをつけているだけでした。そんなに締めていたら、食べられないのではないか、と思われるかもしれませんが、なぜかちゃんと食べられました。母乳をあげないといけませんから、母親はちゃんと栄養を採らなければダメですものね。そういうわけで、コルセットで締める、は楽ちんで確実な方法でした。

 

さいごに

お腹のたるみは、努力次第で引き締めることができます。

グッズなどはできるだけ妊娠中に用意しておき、出産後は体力も消耗しているので、ゆっくり身体を休めてから無理のない程度に始めましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
産後ケア
otasukemanをフォローする
育児・子育てお助けマン