義母の誕生日プレゼント!70代へのおすすめは?お礼や母の日にも使える!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

お義母さん(旦那さんのお母さん。いわゆる姑)へのプレゼント、毎回悩んではいませんか?

何度も贈っていると、なんだかいつも同じもののような気がして、「またこれ?」と思われていないか不安になったりします。

では、70代のお義母さんにはなにを贈りましょう?

お義母さんの年代によってもほしいものは変わってきます。

そこで今回は、70代のお義母さんの「お誕生日・母の日・お礼として」の人気プレゼントをまとめました。

記事の最後の方では、プレゼントの成功談・失敗談もご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

 

70代の義母に贈るプレゼントの相場は?

まずは予算を決めましょう。

70代のお義母さんにはいくらくらいのプレゼントを選べばいいのでしょうか。

プレゼントを贈るのは母の日と誕生日が多いと思いますので、ふたつの予算をみてみましょう。

  • 母の日3,000~5,000円
  • 誕生日10,000~30,000円

母の日はリーズナブルに、誕生日に奮発するという人が多いようです。

誕生日の予算が10,000~30,000円と幅があるのは、母の日と誕生日を合同でする場合や節目の誕生日にはいつもより高額なプレゼントを贈るためです。

節目のお祝いは親戚とまとめて高価なプレゼントを贈る場合もあるので、先程の予算より更に高額になる場合もあります。

何かのお礼としてお義母さんにプレゼントする場合も、この相場を参考にしてくださいね。

 

  

スポンサーリンク

知らないと失礼にあたることも!プレゼントを贈るときのマナー

70代のお義母さんに贈るプレゼントですから、当然マナーも大切になってきます。

親しいからとおざなりにしてはせっかくのプレゼントが台無しになってしまいます。

お祝いや普段のお義母さんに対する感謝の気持ちなので、心を込めることが一番大事ですよね。

お義母さんに直接手渡しするのが一番ですが、家が遠くてすぐに行けないという人は配達という形になります。

その時注意したいのが、メッセージカードや一言書いた手紙を一緒に贈ることです。

もちろん一生懸命選んだプレゼントに心がこもっているのはわかっています。

しかし、プレゼントだけだとなんとも寂しいものです。そこにひとことメッセージがあるだけで特別感は一気に増します。

 

何を贈ったら喜ばれる?プレゼントのオススメとランキング

70代のお義母さんにはどんなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。

個人差もありますが、「お誕生日・母の日・お礼として」等のプレゼントとして選びやすいもの、贈って喜ばれるものをリサーチしました。

第1位 疲れた体に温泉旅行

年齢を重ねると旅行に行くのも疲れてしまいます。

ですから、ただの旅行ではなくて、体を癒やす温泉旅行をオススメします。

体を癒やすことが目的なので、遠くに行く必要はありません。

移動疲れしてしまうこともありますので、ゆったりと時間をとってのんびり行きましょう。

新幹線で行くならグリーン席、車で行くなら大きめの車で行って休憩をこまめにとりながら周りの景色も楽しみながらの旅もいいですね。

 

第2位 着心地抜群のパジャマ

パジャマなんてなんでもいい、なんて思っているかもしれませんが、一度着心地のいいパジャマをきてしまうともうそんなことは言えなくなってしまいます。

夏はもちろん、冬でも寝ているときは汗をかきます。

そのせいで寝苦しくていい睡眠がとれないのはとても残念なことです。

肌触りやデザインにこだわって探してみてはいかがでしょうか。

 

第3位 みんなで食事会

みんなで集まる機会も少なくなってきていると思いますが、お義母さんのお祝いにみんなで食事会を計画するのはいかがでしょうか。

そのときに花束やちょっとしたプレゼントを贈るのもいいですし、花束だけにしていつもは行かないようなところに奮発して行くのもいいと思います。

その場合は個室をオススメします。周りの目を気にすることもありませんし、なによりゆっくりとできます。コース料理を頼んでおくとバタバタすることもないので、事前に予約しておきましょう。

 

第4位 湯呑みとお茶菓子のセット

ただ湯呑みだけでもいいのですが、お茶やお茶菓子と一緒にプレゼントすると湯呑みを使うのが楽しみになるのでオススメです。

プレゼントにはワクワクも必要ですよね。

プレゼントしてもらった湯呑みでおいしいお茶を飲んで、お茶にあったお菓子を食べるのは一日の贅沢になると思います。

お義母さんの好みのお菓子を選んでくださいね。

 

第5位 上質な素材の枕

睡眠は一日の疲れを癒やすとても大事な時間です。

枕に気を使う人は少ないですが、いい睡眠をとるためにも上質な枕は必要不可欠です。

いい枕ともなればおもったよりも高額なプレゼントになりますよ。プレゼントに枕なんて変わってると思うかもしれませんが、以外にも最近は多いので心配することはありません。

お義母さんの頭の形にあった、素材のいい枕を選んでプレゼントしましょう。

 

「プレゼントはいらない」そんなときは、お礼の気持ちを込めてプレゼント以外で喜ばれるもの。

わざわざプレゼントはいらない、もったいないからいいよ、と言われてしまうこともありますよね。

そう言われてしまってはプレゼントを贈りづらくなってしまいます。

そんなときはどうすればいいのでしょう?

一番は、日頃の感謝の気持ち・お礼の気持ちを込めて、「会いに行く」ということでしょう。

いつもは遠くて会いに行けないという人も、プレゼントの代わりだと思って会いに行ってはいかがでしょうか。

きっと、とっても喜ぶと思います。

そして一緒に食事に行ったりすこし出かけたりするだけでも立派なプレゼントといえます。

プレゼントと言ってもものだけではなく、やはり気持ちが大切です。

お義母さんも会えるのを期待しているのかもしれませんよ。

70代のお義母さんへ誕生日・母の日などのプレゼントを渡した体験談

先輩ママさん達が70代のお義母さんに誕生日・母の日などのプレゼントを渡したときの体験談をご紹介します。

喜んでもらえたプレゼント(成功例)、あまり喜んでもらえなかったプレゼント(失敗例)を併せてご紹介します。

 

1. ハンドルネーム:あいこさん
2. ご年齢:47歳
3. ご職業:専業主婦
4. お義母さんの年齢:73歳 

 

■成功したプレゼントとその理由

お花とお菓子のセット:夫のお義母さんにお花とお菓子のセットをプレゼントして喜んでもらえました。

離れて暮らしているし、年に1、2回しか合わないので、洋服やアクセサリーなど好みがでるようなものはどんなものが好きなのかまったくわからず、好みがあまり関係ないものをプレゼントしようと考えました。

母の日と言えばお花ですが、お花が好きかどうかもわからなかったので、お花だけだと残念がられる可能性も考えて、母の日用のプレゼントとしてカタログに載っていたお花とお菓子のセットを贈りました。

胡蝶蘭の花と、ゼリーの詰め合わせだったのですが、お義母さんはお花好きな人だったようで、喜んでくれて玄関に飾っていると言っていました。

またゼリーも3時のおやつにいただくわと言ってくれました。

お花は気に入らなくてもいつかは枯れるし、食べ物が好みでない場合も他の家族の人に食べてもらえることができるので、趣味ではない服や使わない小物をもらうより、消えてなくなる消耗品の方があちらも気を使わないかなとも考えて選びました。

使うものをプレゼントするとあちらは「趣味じゃないけれど使わないと悪い」と気を使ったり、こちらも「せっかくプレゼントしたのに使ってくれていない」と揉めごとの元になりますから。

 

1. ハンドルネーム:糸子
2. ご年齢:34
3. ご職業:専業主婦
4. お義母さんの年齢:71歳 

 

■成功したプレゼントとその理由

韓流ドラマの原作小説:韓流ドラマにどっぷりはまっているので、小説版でも読んでみてはとプレゼントしました。病院などの待ち時間に読んでくれています。

読書用拡大鏡メガネ:老眼が進んで読みたい本を購入したのに読めないと嘆いていたので、誕生日のサプライズでプレゼントしました。今までで一番喜んでいました。

食事券:友だちや義父との食事に使えるようにプレゼントしました。食べることが好きな人なのでとても喜んでいました。

コーヒーカップ&ソーサーセット:高級感が好きな人なので、綺麗な花の絵のものをプレゼントしました。お客様用にいつも使ってくれています。

ウイルス対策ソフト:パソコンに疎い両親が設定もできそうになかったので、プレゼントし、設定もしてあげました。動くようになったと喜んでいました。

タブレット端末:パソコンゲームをしていたので、タブレットをプレゼントしたら、どこでもできると四六時中持ち歩いています。

 

 

 

■失敗プレゼントとその理由

洋服:太っている人なので、Lサイズのゆったりめを購入したが入らずに、後日私にあげると渡されました。

写真館で撮った額入りの孫の写真:そもそも同居なので写真は必要なく、写真は仕舞い込んでしまう人でした。

手作りケーキ:誕生日に手作りでケーキを作ったところ、ケーキ屋さんの見た目も綺麗なケーキのほうが喜んだかもしれないと思いました。

キッチングッズ:私が使いやすそうなものをプレゼントしましたが、義母は使うことは一度もありませんでした。義母が選んだものをプレゼントすれば良かったです。

マッサージ付きクッション:プレゼントした最初のうちは使用していたけど、ほとんど使うこともなくなり、邪魔になるだけでした。

 

1. ハンドルネーム:マーブルフェイス
2. ご年齢:47歳
3. ご職業:パート
4. お義母さんの年齢:78歳 

 

結婚してから23年間、誕生日は欠かさずプレゼントを贈ってます。お金もありいつも良いものを持っておられる印象があったので毎年悩みます。

■成功したプレゼントとその理由

お花:若い頃はお花や観葉植物などをプレゼントしていました。

植物の好きなお義母さんなので花があると家も華やかと言ってもらいました。

年が経つにつれ毎年同じじゃと思うようになりました。

 

サーモスのポット:冷温と両方に使え持ち歩けるのもよかったと思います。

その時は少し高価な国産ゆず茶も一緒につけました。冬なので喜んでもらえました。

 

高級チョコレート:お義母さん世代にはチョコにこんな値段を出すこともないと思いバレンタイン前でたくさん選べる商品があったので決めました。

毎日、コーヒーと一緒に1粒ずついただくわ!とても喜んでくれました。

 

 

 

■失敗したプレゼントとその理由

プリザーブドフラワー:値段よりも貧弱にはみえて飾るにも何処におけば?みたいな感じでお宅に行った時、お手洗いに置かれていたので失敗した!と感じました。

洋服:シンプルで質の良いものをと選んだのですが気に入ってもらえなかったのか一度も着てもらったのをみたことがないので失敗だったのかなと思います。

 

1. ハンドルネーム:こなつ
2. ご年齢:37歳
3. ご職業:専業主婦
4. お義母さんの年齢:74歳 

 

■成功したプレゼントとその理由

トートバッグ:出掛けることの多いお義母さんなので役に立つかなと思いプレゼントしました。高齢なので派手すぎず、かといって地味すぎると余計にお年寄り感が出てしまうので、カーキ地の白字でアルファベットが全体にデザインされたものを選びました。予想通り色が気に入ったと言って愛用してくれています。

・写真立て付きプリザーブドフラワーボックス:母の日に息子(義母にとって孫)の写真を入れてプレゼントしました。シンプルな白のボックスで息子の写真と花がとても映えています。孫大好きのお義母さんなのでとても喜んでくれ、いつも目につく場所に飾っています。写真は入れ替えが出来るのでたまに自分で入れ替えて楽しんでいるようです。

抹茶のお菓子詰め合わせ:抹茶が大好きなお義母さんのために抹茶菓子が美味しいと有名なお店の、お菓子詰め合わせを母の日にプレゼントしました。
毎回プレゼントするのがお花で、他もお花のプレゼントが多いのでなにか違ったものをと思い選びました。いろんな抹茶菓子と抹茶の粉末がセットになっており、形には残りませんがとても美味しいと数日かけて喜んで食べてくれました。またお菓子の入っていた容器が籠型で比較的丈夫なので、裁縫道具入れとして使ってくれています。

 

 

1. ハンドルネーム:やすこ
2. ご年齢:45歳
3. ご職業:専業主婦
4. お義母さんの年齢:73歳 

 

■喜んでもらえたプレゼント

花束:何がいいか迷って決められないときは花束にします。

好きな色を前以てさりげなくリサーチしておいて、それにプラスして、例えば落ち込んでいるときは元気になれるように、とか、これから楽しいことが待っているときはよりハッピーになるように、とか考えて花屋さんと相談して贈ります。

でも、華やかすぎるとかえって疲れてしまうのでけばけばしい花は避けています。

日常生活で花をもらうことってほぼないのですごく喜んでもらえます。

また、選ぶ方もとても幸せな気持ちになります。

 

■あまり喜ばれなかったプレゼント

ハンカチ:これは、単にすでにたくさん持っていて、しかも普段あまり外に出かけないタイプなので、結局迷惑だったみたいです。

ちょっとしたものを、と考えてチョイスしましたが、いまだにタンスの中に箱ごと閉まってあります。

柄もお好みじゃなかったのかもしれません。

服とか身につけるものは好みがあるので、難しいなあと思います。

それだったら、お菓子とか普段から接していて、これなら食べてもらえるとはっきり分かるものにしておいたほうがよかったなと感じました。

どうせ贈るなら使ってもらえるものを贈りたいものです。

 

 

さいごに

さいごに、プレゼントのオススメや贈る際のマナーについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

お義母さんの喜ぶかおを想像して選べばきっといいものが贈れるはずです。

あなたの選んだプレゼントが、喜んでもらえるといいですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
義実家・義母・義父・姑
otasukemanをフォローする
育児・子育てお助けマン